スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

過酷な環境で生きる猫たち

こころのところ毎回お邪魔させて頂いている、NPO法人もやいのサロン・ド・カフェこもれびで
多摩川にいる動物たちを救済している小西さんというカメラマンさんとお話をさせていただいた。

飼いきれなくなった動物達が多摩川にたくさん捨てられているそうだ。
捨てられた猫たちに、河川敷に住むホームレスの方々が餌をあげてくれていたこともあるらしい。
ただ、彼らだって食べるものが十分にあるわけではない。
また、人間の食べるものを猫にあげることによって、猫の体調が悪くなったりすることもあるようだ。
食べても食べなくても死んでしまう猫たち。

一体、動物を捨ててしまう人ってのはどんな人達なんだろう。
もちろん、捨てるにはそれなりの背景はあるのかもしれない。

でも、動物だって命ある生き物である。

きれいごとだけで飼ってはいけない。

動物を飼うということは、命を管理するってことだと思う。
生かすも殺すも飼い主次第になってしまう。
今、動物を飼っている方やこれから飼おうと思っている方、お願いだからきちんと責任を
持ちましょう。

小西さんの活動については、こちらをご覧下さい。
http://www10.ocn.ne.jp/~kabuto/

スポンサーサイト
2009年03月09日 | Comments(0) | Trackback(0) | 日記
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。