スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

紳士

建物から出ようとして、狭い自動ドアの前に立った。

その時、向こう側から建物に入ろうとする男性が見えた。

なんとなく急いでそうに見えたので、彼を先に通してあげようと思いドアの前で待っていた。

こんな時、ほとんどの男性(年配の方は特に)は当り前のように通り過ぎていく。

でも今日の男性は違った。

スマートにおじぎをしながら私の横を通り過ぎて行った。

すごく小さな事だが、嬉しかった。

男女問わず、こうやってスマートにおじぎが出来る人が増えたらいいなぁ・・・。

まずは私自身がもっと意識していかなくちゃね。



スポンサーサイト
2008年08月28日 | Comments(0) | Trackback(0) | 日記
コメント

管理者だけに表示する
«« 幸せの基準 | HOME | ものもらい »»

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。