スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

コミュニケーションの法則・・・、とはいっても・・・。

懐かしい友人からメールが来た。

「元気?」

と一言だけのメール。

「元気だよ」

と返した。

15通以上のメールを数時間かけてやりとりした。

今晩会おうってことになり、楽しみにしていたのだが、友人に急な仕事が入りキャンセル・・・。

ちょっと残念だったが、まぁいっか。

相当数のメールのやりとりでお互いある程度満足した感があったのかもしれない。

気持ちの伝わりをパーセンテージで表すと

言葉(メールや手紙)→7%
電話で話す→45パーセント


つまり直接相手と向かいあわないと相手の感情なんて半分以上は見えないということだ。

逆に言うと、面と向かってしまえば言葉を発さなくても、ボディーランゲージや目線で気持ちの半分は相手に伝わってしまっているということ。

嫌いな人に「おはようございます」と自分では笑ってるつもりで挨拶したところで、相手には
「あ、この人私のこと嫌いだわ」と大体はバレているようだ。
ま、中には鈍感な人もいるだろうけど。

と、うんちくを書いてはみたが・・・。

そうねぇ。

稀かもしれないが、文章の方が素直に感情を表現できる人ってのもいると私は思う。
そういう私がそのうちの一人。きっとその友人もそうだと思う。

この友人とも以前電話で話したのだが、なんとなくお互いスムーズにコミュニケーションが取れなかった。


私はあまり素直に感情を表現出来るタイプではない。
「この人、私と同じ匂いがする」と私が勝手に判断した相手にはメールや文通という手段を使ってやりとりするようにしている。
何故かその方がすんなり感情を表現できるっていうタイプもいるのだ。

心理学にしても統計学にしても言えることなのだが100パーセント「人間とはこうである!!」なんて言えないものだ。

私は心理について勉強はしてきたが、学問として得たことと経験から得たこととで考えると
なんか違うなぁと思う事も多々ある。

なんにしても過信はいけないってことだね。

本を読んだり、セミナーを受けたりすることだけが勉強じゃない。
心理に関しては、人と接して初めて得られることってすごくたくさんあると私は思う。

とは言いつつ、ひきこもってるのも好きだったりするので困る(笑)

スポンサーサイト
2008年08月24日 | Comments(0) | Trackback(0) | 日記
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。