スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

幽霊!?

今日は昼から、先月までの職場へ。

残務を片付けながら、アポイントの相手を待っていた。

・・・。

知らないおばさんがレジカウンターの前にたたずんでる!

怖い!!

しかもなんかこのおばさん震えてるし!

え?もしかして前々から聞いてる噂の幽霊!?
この職場、昔から女性の幽霊が出るって有名らしい。

とりあえず、「こんにちは!」と元気よく言ってみた。

沈黙・・・。

え?何?

「電話を貸してもらえませんか?」
と声が返ってきた。

うーん、どうしよう。
どうやら、道に迷い、携帯も持ってないし、公衆電話も見当たらないとのこと。

っていうか、ある意味このおばさん勇気あるなぁ。
なぜ、わざわざ地下にあるこの場所へ??

動揺と混乱の中、とりあえず電話を貸してあげることにした。

「はい、どうぞ」
と電話を渡したら、
「ダイヤルしてください」
との声。

震えてるくせに(←多分寒かったんだと思う)、ちょっとずうずうしいこのおばさんが面白くなってきた。

非通知設定でかけたせいか、相手方が出てくれないらしい。

いくつかの番号にかけて、やっとつながった。
相手先(←名刺を手渡された)は怪しい人ではなかったので一安心。

「どうもありがとうございました」
と封筒から1,000円を置いて去っていった。

なんだったんだろう。

人助けした!という爽快感はなく、首を傾げるだけの感覚しか残っていない。

あのおばさんは目的地に着けたのだろうか。

アポイントの相手がかなり遅刻してきたので、なんだったらそのおばさんが目的地に着くまで
見届けてあげたかった。

幽霊ではない!という確信を得るためにも(苦笑)

あぁ、怖かった。
いや、ホントになんだったんだろう。
不完全燃焼だなぁ・・・。

スポンサーサイト
2010年03月07日 | Comments(0) | Trackback(0) | 日記
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。