スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

妹の出産

もう一週間以上前の話だが、妹の第一子が無事産まれました。

仕事がすごく忙しい日で、夕方母親から来たメールに気付かず
仕事が終わった後、ふと携帯を見ると「病院に来ています」とのメール。
もう2時間以上も前に受信したものだった。

『なんだとぉ!!』

と思いながら母親に電話。

とにかく病院に急ぐ事に。
地下鉄で向かおうと、駅に向かい、駅の中に入った時

『もし産まれるときに間に合わなかったらどうしよう・・・』

と頭によぎり踵をかえしてタクシーに変更。

「○○病院まで。妹の出産なんで急いでるんです」
と言ったら、タクシーの運転手さんがすごく焦った声で
「お客さん、もう産まれそうなんですか?」

って・・・。
私は妊婦に見えたのか?

とにかく急いでもらい、病院に到着。

分娩準備室に急いで行くと、まだ産まれる様子はなかった。
「タクシーで来たの?姉らしいね」
との言葉。

妹の事となると何故か冷静でいられない。
旦那さんや母はのんびりしていたのに、私ひとりだけバカみたいに焦っていたようだ。

しばらく様子を見て、まだ産まれそうもないということで母と妹の荷物を取りに行く。
ちょっと休憩していこうという事になり、横になった瞬間
「分娩室へ移動しました」
と、旦那さんからメール。

そしてまた焦ることに。
夜中1時を過ぎていた。

旦那さんと母と待合室で待つ。
この病院は立会いはできないらしい。

3時過ぎに一人の看護師さんが通りかかり声を掛けられる。
「もうすぐですからね。今、後処理してますから」
と言われる。

耳を疑った。
「え?もう産まれてるんですか?」
と聞くと
「はい、もう30分前くらいに産まれてますよ」
との言葉。

緊張感と疲れにより
「あの、誰か報告だけにでも来ないんですか?ここは」
とちょっとキレ気味になってしまった。

まぁ、とにかく超安産で短時間で産まれてくれたのには感謝しなくちゃいけないんだろうけど。

4時過ぎに妹と赤ちゃんが待合室に来た。

赤ちゃんは泣いていた。(当り前だが・・・)
そう、当り前の行為をしている赤ちゃんに向かって私は

「シーっ!!」

と言ってしまった。
赤ちゃんへの第一声が「シーっ!」って・・・。

その次の日妹に
「姉はモラル王だからね。モラオウだ」
というまた変なあだなをつけられてしまった。

まぁ、とにかく私らしい歓迎の言葉ってことで許してもらおう。

これで私も叔母さんになった。

ちなみに私が母親になる予定はさっぱりない。


スポンサーサイト
2009年05月10日 | Comments(0) | Trackback(0) | 日記
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。