スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

マスク

豚インフルエンザも下火なのでしょうか。
マスクをしている人をほとんど見かけなくなりました。

私は毎日東京シティエアターミナルっていう場所を通るので、
未だにマスクをして外出しています。

ここはかつて空港の機能を果していた場所だったらしく、
今でも毎日たくさんのリムジンバスが羽田や成田を往復しています。

だからちょっと要注意と思っているので、マスクをしているのですが、
不思議とマスクをして歩いている人はほとんどいません。
(でも空港から到着するパイロットやスチュワーデスの人はしている人が多いです)

「私は感染しない」という気持ちはあるのですが、
やはり仕事柄「感染する可能性を最小限にしないといけない」とは思っています。

「まだマスクしてんの?」みたいな雰囲気ですが、
まだしばらくはマスクを装着して移動しようと思ってます。

暑くて息苦しくなり、ふぅふぅ言いながら歩く日はまだ続きます(笑)

スポンサーサイト
2009年05月27日 | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

遺伝子

ちょっと前にテレビで見た話。

何度も別れを繰り返してしまう遺伝子があるという。

334の遺伝子らしい。

この遺伝子を持っている人は離婚率が高いらしい。

男性の場合、ヴァソプレッシン(染色体のひとつらしい)というのが男らしさの物質
らしいのだが、これが多くても334の遺伝子を持ってしまうと離婚率が高いのだという。
この334というのはヴァソプレッシンの受容体の少なさを表す遺伝子だそうだ。
いくら男らしくても、それを受ける受容体が少ない遺伝子を持ってしまうと、
特定のパートナーと他のパートナーを行き来するということらしい。

他にも前頭前皮質やらなんやらの話をしていたが、
私の頭の中は「334」でいっぱいだった。

「334」があるかどうか調べてくれるところってあるのかなぁ。

私「334」あると思う・・・。
2009年05月24日 | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

ひと安心

昨日は仕事前に病院へ行って超音波(エコー)検査を受けてきた。

前日からの食事制限で少し気が立っていたが、
結果はとりあえず見える部分では異常なし。

よかったぁ。

異常がなかったことに安心したというよりかは、明日検査の予定でいた
胃カメラを延期してもいいということになったことに安心した。

このまま予定通り胃カメラをやっていたら、人生で3回目の検査になるところだった。

胃カメラ・・・、昔よりはだいぶよくなったとはいえ気分のいいものではないし。

はぁ~、よかった。

2009年05月21日 | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

ツイてない・・・

夜8時くらいにすごく懐かしい友人からメール。

「今ひま?」

で、そのメールに私が気付いたのはその二時間以上後。

とりあえず「今」にはならないが

「返信遅くなってごめんね。どうしたの?」

と返したら

「今○○と飲んでるの」

と返信がきた。

この○○っていう友達とも久しく会っていない。

もう飲み会はお開きになったみたい。

年に一回会うのも難しい友人ふたりだっただけに、すごく悔しい。

ま、私はいつもこんな感じだ。

さて仕事頑張ろうっと・・・。
2009年05月14日 | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

妹の出産

もう一週間以上前の話だが、妹の第一子が無事産まれました。

仕事がすごく忙しい日で、夕方母親から来たメールに気付かず
仕事が終わった後、ふと携帯を見ると「病院に来ています」とのメール。
もう2時間以上も前に受信したものだった。

『なんだとぉ!!』

と思いながら母親に電話。

とにかく病院に急ぐ事に。
地下鉄で向かおうと、駅に向かい、駅の中に入った時

『もし産まれるときに間に合わなかったらどうしよう・・・』

と頭によぎり踵をかえしてタクシーに変更。

「○○病院まで。妹の出産なんで急いでるんです」
と言ったら、タクシーの運転手さんがすごく焦った声で
「お客さん、もう産まれそうなんですか?」

って・・・。
私は妊婦に見えたのか?

とにかく急いでもらい、病院に到着。

分娩準備室に急いで行くと、まだ産まれる様子はなかった。
「タクシーで来たの?姉らしいね」
との言葉。

妹の事となると何故か冷静でいられない。
旦那さんや母はのんびりしていたのに、私ひとりだけバカみたいに焦っていたようだ。

しばらく様子を見て、まだ産まれそうもないということで母と妹の荷物を取りに行く。
ちょっと休憩していこうという事になり、横になった瞬間
「分娩室へ移動しました」
と、旦那さんからメール。

そしてまた焦ることに。
夜中1時を過ぎていた。

旦那さんと母と待合室で待つ。
この病院は立会いはできないらしい。

3時過ぎに一人の看護師さんが通りかかり声を掛けられる。
「もうすぐですからね。今、後処理してますから」
と言われる。

耳を疑った。
「え?もう産まれてるんですか?」
と聞くと
「はい、もう30分前くらいに産まれてますよ」
との言葉。

緊張感と疲れにより
「あの、誰か報告だけにでも来ないんですか?ここは」
とちょっとキレ気味になってしまった。

まぁ、とにかく超安産で短時間で産まれてくれたのには感謝しなくちゃいけないんだろうけど。

4時過ぎに妹と赤ちゃんが待合室に来た。

赤ちゃんは泣いていた。(当り前だが・・・)
そう、当り前の行為をしている赤ちゃんに向かって私は

「シーっ!!」

と言ってしまった。
赤ちゃんへの第一声が「シーっ!」って・・・。

その次の日妹に
「姉はモラル王だからね。モラオウだ」
というまた変なあだなをつけられてしまった。

まぁ、とにかく私らしい歓迎の言葉ってことで許してもらおう。

これで私も叔母さんになった。

ちなみに私が母親になる予定はさっぱりない。


2009年05月10日 | Comments(0) | Trackback(0) | 日記
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。